FC2ブログ

Entries

DIVE!!(上)(下) / 森絵都
DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)DIVE!!〈上〉 (角川文庫) (角川文庫)
(2006/05/25)
森 絵都

商品詳細を見る
DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)DIVE!!〈下〉 (角川文庫) (角川文庫)
(2006/05/25)
森 絵都

商品詳細を見る

平凡だけど素直で、仲間とともにダイビングを楽しんでいた知季。知季の憧れでもある、両親が元オリンピック選手のサラブレッドでクールで完璧主義の要一。彼らが通っていたダイビングクラブが閉鎖の危機に直面し、クラブを守るためにアメリカ帰りの女コーチがやってきた。また彼女は、祖父にダイビングを習い海で飛び込みの練習していた野性的な飛沫を連れてきた。彼らが来たことで、知季たちの状況が変わっていく。女コーチのやり方は知季たちが今までやってきたやり方とは全然違っていたが、知季はだんだんとその才能を表していく。

文庫で上下巻にわかれていますが、もとは4巻で発売されており、文庫でも4部構成となっています。クラブの存続をかけてオリンピックまで目指してしまうというスポ根小説です。これも、競技人口が少ない飛び込みという競技だからこそリアリティを感じられるのでしょうね。そういう意味では、マンガですけどフィギュアスケートのペアで世界を目指す「銀のロマンティック…わはは」(川原泉)にも通じるものがあるかも。話の展開なんかは全然違うんですけど。

「スポ根」ときくと暑苦しいイメージがあってあまり得意ではないと思っていたのですが、いやいや全然そんなことはなかったです。目標に向かって努力し、挫折も味わい乗り越え、弱点を克服し…という部分では確かに「スポ根」なんですが、なんというか爽やかで、読んでいてすがすがしさを感じました。また、主要な3人のキャラが立っていて、彼らの性格の違いなどの対比がおもしろいです。おまけに他の代表選手たち(ピンキー山田など)やまわりの大人もしっかりと描かれていて、ちょっとしか出てこなくてもわりと印象に残るキャラが多かったです。飛び込みは以前からわりと好きな競技でしたが、あえて競技やっている日を探してテレビで見るというほどでもなく、たまたまやっていれば見るという程度でしたが、この本を読んでから俄然興味がわいてきました。昨年のオリンピック前に読んでいればテレビ中継が見られたかもしれないのに、タイミングを逃したようで残念です。次は2012年のロンドンですね。中継してくれるとよいのですが。

もうおもしろくて、上下巻を1日で読んでしまいました。もとは児童向けの本だったようですね。守り人シリーズといい、梨木香歩さんの本といい、最近の児童向けの本は大人も読める良書が多くてうれしいです。森さんの他の本も読んでみようと思います。

スポンサーサイト



関連タグ:児童書 森絵都 
古書店アゼリアの死体 / 若竹七海
古書店アゼリアの死体 (光文社文庫)古書店アゼリアの死体 (光文社文庫)
(2003/09)
若竹 七海

商品詳細を見る

勤め先の編集プロダクションが倒産し、憂さ晴らしにとホテルに泊まれば火災に遭遇し、カウンセラーに相談すれば新興宗教に勧誘され…とさんざんな出来事が続き、葉崎の海に「バカヤロー」と叫びにやってきたら、死体が打ち上がってきた。事情聴取のために葉崎にとどまらなければならなくなった真琴は、古書店アゼリアを見つけ、なぜか店主紅子からロマンス小説に関するテストをされ、アゼリアの店番を引き受けることになる。葉崎市を巡るミステリー。

ロマンス小説がたくさん出てくるというので興味を持って読んでみました。あとから知ったのですが、葉崎市が舞台のシリーズになっているようで、この本は2作目なのだそうです。といっても、ゆるい繋がりのようで前作を知らなくても特に支障なく楽しめました。きっと1作目から読んでいる人には楽しめるポイントがもっとたくさんあるのでしょうけど。400p超でなかなかの長編ですが、テンポよく話が進むのでさくさくと読めました。最後にどんでん返しというか、えーっと思えるエピソードが出てきて怖かったです。コージーミステリーってもっとほのぼのした感じで終わるんだと思っていたので、意外でした。他の作家のコージーミステリーの本も読んでみて、このジャンルってどんな感じなのかを知りたくなりました。ロマンス小説に関しては巻末に解説がつくほどの充実ぶりで、読んだことはありませんがタイトルや作者名は知っているというものがちらほらありました。これから洋書でロマンス小説を読もうと計画中なので、いいインデックスになりそうです(笑)

葉崎市が舞台となっているシリーズは以下のとおりです。

All Aboutの若竹さんの<葉崎市>シリーズという紹介記事を参考にしました。出版社が多岐にわたっているので、純粋なシリーズは光文社のシリーズなのでしょうか?若竹さんの本をまとめて読んでみると、何か発見があるのかもしれません。

関連タグ:ミステリー 若竹七海 

Appendix

これから読みたい本(洋書)

ブログ内検索

本好きpeople

Extra

プロフィール

くまくま

  • Author:くまくま
  • FC2ブログへようこそ!

Now Reading

タグリスト

本のジャンルや作者など、サブカテゴリ的にタグを 使用しています。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR] コム デ ギャルソン セール
ディオール オム デニム 資生堂 マジョリカ マジョルカ AND1 バスケットシューズ