FC2ブログ

Entries

古書店アゼリアの死体 / 若竹七海
古書店アゼリアの死体 (光文社文庫)古書店アゼリアの死体 (光文社文庫)
(2003/09)
若竹 七海

商品詳細を見る

勤め先の編集プロダクションが倒産し、憂さ晴らしにとホテルに泊まれば火災に遭遇し、カウンセラーに相談すれば新興宗教に勧誘され…とさんざんな出来事が続き、葉崎の海に「バカヤロー」と叫びにやってきたら、死体が打ち上がってきた。事情聴取のために葉崎にとどまらなければならなくなった真琴は、古書店アゼリアを見つけ、なぜか店主紅子からロマンス小説に関するテストをされ、アゼリアの店番を引き受けることになる。葉崎市を巡るミステリー。

ロマンス小説がたくさん出てくるというので興味を持って読んでみました。あとから知ったのですが、葉崎市が舞台のシリーズになっているようで、この本は2作目なのだそうです。といっても、ゆるい繋がりのようで前作を知らなくても特に支障なく楽しめました。きっと1作目から読んでいる人には楽しめるポイントがもっとたくさんあるのでしょうけど。400p超でなかなかの長編ですが、テンポよく話が進むのでさくさくと読めました。最後にどんでん返しというか、えーっと思えるエピソードが出てきて怖かったです。コージーミステリーってもっとほのぼのした感じで終わるんだと思っていたので、意外でした。他の作家のコージーミステリーの本も読んでみて、このジャンルってどんな感じなのかを知りたくなりました。ロマンス小説に関しては巻末に解説がつくほどの充実ぶりで、読んだことはありませんがタイトルや作者名は知っているというものがちらほらありました。これから洋書でロマンス小説を読もうと計画中なので、いいインデックスになりそうです(笑)

葉崎市が舞台となっているシリーズは以下のとおりです。

All Aboutの若竹さんの<葉崎市>シリーズという紹介記事を参考にしました。出版社が多岐にわたっているので、純粋なシリーズは光文社のシリーズなのでしょうか?若竹さんの本をまとめて読んでみると、何か発見があるのかもしれません。

スポンサーサイト



関連タグ:ミステリー 若竹七海 

Appendix

これから読みたい本(洋書)

ブログ内検索

本好きpeople

Extra

プロフィール

くまくま

  • Author:くまくま
  • FC2ブログへようこそ!

Now Reading

タグリスト

本のジャンルや作者など、サブカテゴリ的にタグを 使用しています。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR] コム デ ギャルソン セール
ディオール オム デニム 資生堂 マジョリカ マジョルカ AND1 バスケットシューズ