FC2ブログ

Entries

春にして君を離れ / アガサ・クリスティー
春にして君を離れ (クリスティー文庫)春にして君を離れ (クリスティー文庫)
(2004/04/16)
アガサ・クリスティー

商品詳細を見る

春にして君を離れ(アガサ・クリスティー)を読み終わりました。当初、メアリ・ウェストマコット名義で書かれたもので、ジャンルとしてはロマンス小説になるのかな?恋愛小説?殺人やミステリーらしい事件は何一つ起こりません。原書で現在買えるものはAbsent in the Spring: And Other Novels : Giant's Bread/the Rose and the Yew Tree (Mary Westmacott Omnibus, No. 1)のオムニバスのようです。

ジョーン・スカダモアは子育ての終わった主婦で、これまで家族と築き上げてきた生活に満足していた。しかし、結婚してバグダッドに行った末娘の病気を見舞った帰りに、レストハウスで学生時代の友人と会ったことで、ジョーンはこれまでの夫との関係、子供たちとの関係を振り返ることになる。

ジョーンがこれまでのいろいろなことをつれづれに回想しながら話が進んでいきます。ほとんど全編、ジョーンの回想です。でも、読んでいくにつれ、どきっとしたり、自分にもそんなところがあるんじゃ?と思ったり、落ち着かない気持ちになりながらもページを繰ってしまう、そんな話でした。サスペンスじゃないけれども、はらはらどきどき。最初はちりちりとした感じ、中盤から終盤にかけてはじりじりと照りつける太陽に焼かれるような感じ。そして、エピローグの夫の言葉が、ぞくっとします。そうくるのかーと。

途中からは止められなくなって一気に読了。自分のことを見つめなおしたくなる、そんな本です。考えたらこの本が初クリスティーなのかな?GRでクリスティーの伝記は読んだことがあるけれど、小説をちゃんと読んだのはこれが初めてのような気がします。ふつうはミステリから入るのでしょうが、この本にはかなりインパクトを与えられたのでよかったです。いずれ原書で読み返してみたいです。

スポンサーサイト



Appendix

これから読みたい本(洋書)

ブログ内検索

本好きpeople

Extra

プロフィール

くまくま

  • Author:くまくま
  • FC2ブログへようこそ!

Now Reading

タグリスト

本のジャンルや作者など、サブカテゴリ的にタグを 使用しています。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR] コム デ ギャルソン セール
ディオール オム デニム 資生堂 マジョリカ マジョルカ AND1 バスケットシューズ