FC2ブログ

Entries

Mr. Putter & Tabby Pick the Pears / Cynthia Rylant
Mr. Putter & Tabby Pick the Pears (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Pick the Pears (Mr. Putter and Tabby)
(1995/09/15)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

秋です。Mr. Putter は秋が大好き。なぜなら"Juicy things"がたくさんあるから。中でも洋ナシのゼリーが大好きな Mr. Putter は、洋ナシが実るのを楽しみにしていました。そして、ついにその日が来たのですが、洋ナシを取ろうとしたら足が悪いためにはしごにのぼれないことに気付きました。でも、どうしても洋ナシのゼリーが食べたい!Mr. Putter はどうやって洋ナシを取るのでしょうか?

今回は老いを感じる Mr. Putter と Tabby ですが、考えた解決策が実に子供っぽい。このシリーズはこういう対比がおもしろいのかな、と思います。すさんだ気持ちの時に読んだときは、自分は楽しんで人をいいように使っただけじゃないの?なんて思ったりもしましたが(特に最後のオチのところ)、楽しくて、おまけにみんなで楽しく味わうことができたのだからいいのかなーと思えるようになりました。ちょっとしたところで引っかかってしまうのは、お話の世界に常識というか、「自分が正しいと思うこと」を持ち込もうとしてしまうからかも。

Mr. Putter & Tabby のシリーズはこれで手持ちがおしまい。まだまだたくさん出ているので、簡単な本を読みたいときのためにまた買い足すつもりです。その時のためのシリーズ一覧。

おおよそ出版順に並んでいるはずです。リンクはすべてペーパーバック版です。

スポンサーサイト



Mr. Putter & Tabby Walk the Dog / Cynthia Rylant
Mr. Putter & Tabby Walk the Dog (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Walk the Dog (Mr. Putter and Tabby)
(1994/03/30)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

Mr. Putter と Tabby のお隣さんは、Mrs. Teaberry と彼女の飼っている子犬 Zeke。ある日、Mrs. Teaberry が転んで足を痛めてしまい、Zeke を1週間散歩に連れて行けなくなってしまいました。やさしい Mr. Putter は Zeke の散歩を引き受けることにしたのですが…。

表紙からもわかるように、Zeke の散歩は簡単にはいきません。それをなんとかしようとする Mr. Putter がおもしろい。Zeke の散歩のあとのくたびれ果てた Mr. Putter と Tabby がなんとも言えません。イラストでの疲れっぷりがたまらないです。かわいそうなほどなんだけど、ちょっとユーモラスでおかしいんです。ふふっと笑いたいときに読みたい本かなー。

Mr. Putter & Tabby Pour the Tea / Cynthia Rylant
Mr. Putter & Tabby Pour the Tea (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Pour the Tea (Mr. Putter and Tabby)
(1994/03/30)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

Mr. Putter はひとりで暮らしていました。朝はイングリッシュマフィンを一人で食べ、昼はお茶を一人で飲み、夜はお話を聞いてくれる相手がいません。一人でいることに疲れた Mr. Putter は、一緒に過ごすお仲間が欲しいと思い、猫を飼いたいと思ってペットショップに向かいました。

この本が、Mr. Putter & Tabby シリーズの最初のお話です。Mr. Putter と Tabby が出会うお話なので、このシリーズを読もうと思う方はできればこの本から読んでほしいです。もちろん、ほかの本から読んでも話は完結しているので、わからないということはありません。最初のさびしそうな Mr. Putter とTabby が家に来てからのMr. Putter の違いが際立っていて、本当によかったなーと思います。Tabby にとっても Mr. Putter と出会えたことはすごくよかったなー。とても楽しそうで、自分はこんなに楽しく老後を過ごせるんだろうか、なんて考えてしまったりして。

Mr. Putter & Tabby Bake the Cake / Cynthia Rylant
Mr. Putter & Tabby Bake the Cake (Mr. Putter and Tabby)Mr. Putter & Tabby Bake the Cake (Mr. Putter and Tabby)
(1994/11/30)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

Mr. Putter はTabby と一緒にクリスマスのことを考えていました。クリスマスにプレゼントをあげるのが好きなMr. Putter ですが、お隣に住むMrs. Teaberry に何をあげるか考えるのが一番大変。なぜなら、Mrs. Teaberry は変わったものが大好きだからです。考えた末に、クリスマスケーキを作ってプレゼントすることにするのですが…。

久しぶりに英語読書を再開しようと、まずはMr. Putter & Tabby のシリーズでリハビリから。以前読んでいるからと適当に手に取って読み始めたら、この本はシリーズの最初ではありませんでした。シリーズ最初の本も紹介しますので、お待ちください。子供向けの本で主人公が老人と老猫というのがちょっと珍しいかなと思いますが、ゆったりとした雰囲気がとてもすてきなお話です。イラストもあたたかみがあって私の好みです。読んでいるうちにふふっと笑いたくなるような、そんな感じです。Mr. Putter は年をとってもチャレンジを忘れないし、料理本も見ずにマフィンやポップオーバーも作れちゃうすごい人です。それを楽しんでいる感じが読んでいて楽しいのかな。

虚空の旅人 / 上橋菜穂子
虚空の旅人 (新潮文庫)虚空の旅人 (新潮文庫)
(2008/07/29)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る

隣国サンガルの新王即位の礼に招かれた新ヨゴ皇国の皇太子チャグムと星読み博士のシュガ。<ナユーグル・ライタの目>と呼ばれる少女もまた、「儀式」のために王宮に呼ばれた。<ナユーグル・ライタの目>とは一体何なのか?そして、サンガルで新王即位の裏で動く陰謀とは?

守り人シリーズの文庫最新刊。今回はチャグムが主人公で、バルサは名前程度しか出てきません。外伝という扱いのようです。タイトルも「守り人」ではなく「旅人」ですし。バルサ大好きなので、バルサの活躍を見られなかったという意味では少し残念でしたが、チャグムとシュガの活躍もとても楽しく読めました。今回は海辺の国のお話ということで、今までの雰囲気とはまた違います。サンガルの国の人たちと新ヨゴの人たちとの民族性の違いだとか、細かいところまで考えられているんだと感心しました。実際は読んでいるときにはそんなところまで考えずに、物語に浸りきって読んでしまうのですけど。サンガルの人たちがまた出てくるといいなぁ。このシリーズは、一度手にとって読み始めてしまうと途中でやめるのがもったいなく感じてしまうので、時間がとれるところで一気に読み切ることにしています。とても幸せな時間です。次巻も楽しみです。

やっぱり軽装版を買ってしまおうか、また迷ってきました。早く次のお話を読みたくて。

Appendix

これから読みたい本(洋書)

ブログ内検索

本好きpeople

Extra

プロフィール

くまくま

  • Author:くまくま
  • FC2ブログへようこそ!

Now Reading

タグリスト

本のジャンルや作者など、サブカテゴリ的にタグを 使用しています。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR] コム デ ギャルソン セール
ディオール オム デニム 資生堂 マジョリカ マジョルカ AND1 バスケットシューズ