FC2ブログ

Latest Entries

すっかりご無沙汰です。

Heartland シリーズを手持ちの在庫分だけ読み終わったのですが、感想をまとめるついでに、登場人物や馬のこともまとめようとまとめだしたら、ぴったりと手が止まってしまいました。いつも間が開くと「この馬はなぜ Heartland に来たんだっけ?」「誰の馬?」「この人は Amy たちとどういう関係だった?」と何冊か前から読み返すことになるので、読書の助けになるかな、と思ったのですが、まとめるだけのモチベーションが保てなかったようです。そうこうしているうちに、暑くて読書自体がストップしてしまい、ブログも更新できなくなってしまいました。

最近になってようやく日本語の読書を再開したので、まずはそちらの感想からあげていきますが、せっかくの円高のうちに洋書のシリーズものも買いそろえたいので、 Heartland シリーズのまとめもぼちぼちやっていきたいと思います。結局また読み返すことになりそうなので、ペースは遅いでしょう(苦笑)

スポンサーサイト



関連タグ:
日本人の英語 / マーク・ピーターセン
日本人の英語 (岩波新書)日本人の英語 (岩波新書)
(1988/04)
マーク ピーターセン

商品詳細を見る

雑誌「科学」に1986年1月号から1987年12月号まで掲載されていた連載をまとめたもので、日本人が間違えがちな英語の表現について、"a"と"the"の違い、単数と複数の違いなどから副詞や接続詞の使い方に至るまで取り上げられている。

掲載されていた雑誌からも、日本人が「書く」英語に焦点を当てられているようですが、主に読むことがメインの私にとっても、気がついていなかったことやこうやって読めばいいんだ!と目から鱗が落ちるような話がたくさん載っていました。とくに最初の方の"a"と"the"の違い、単数と複数の違いによって指し示すものの違い、完了形と進行形の違いによる受け取り方の違いなどが、今までよくわかっていなくてもやもやしていたところの霧が少し晴れた感じです。ただ、これはもう完璧に理解した、とまではいかないので、あとは今まで通り(というか、最近サボりがちですが)英語の本をたくさん読むようにして感覚をつかんでいくのと、またしばらくたったらこの本を読み直してみたいと思います。英語をある程度読んだ上で、英語を書く必要がある人が読むと役に立ちそうな本かな。

続・日本人の英語 (岩波新書)も出ているようなので、こちらも読んでみたいです。

本を読む本 / モーティマー・J・アドラー、C.V.ドーレン
本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10)
モーティマー・J. アドラーC.V. ドーレン

商品詳細を見る

読書には4つのレベルがあり、それぞれのレベルに応じた読み方というものがある。その読み方、読書の技術について解説している。

どちらかというと、私が普段読んでいる小説・文学よりはビジネス本などを含めた理論書・技術書を読むときに参考になる内容でした。それについては後ほど書きますが、まず思ったことについて。読書の第一段階は初級読書で、初級読書の中でもさらに4段階に分かれます。1.読みかた準備期 肉体的、心的に読みかたを習得するための準備が整う時期 2.ごく簡単なものの読みかたを覚える 文脈をたどる、筋道をつかむなど 3.用語が急速に増え、文脈をたどって知らない単語の意味をつかむ技術を身につける 4.それまで習得した読書技術にみがきをかける 読書体験を自分のものにする 以上の4つですが、外国語を読めるようになるというのは、上記の段階の2?3の経験をたくさん積んで、語彙を増やし、知らない単語も推測できるようになり、文脈をたどることができるようになるということなのかな、と思いました。1.の読みかた準備期にあたることとしては、文法や発音の基本を知っていること、になるのでしょうか。今の私の英語の読書は、2段階目と3段階目をうろうろとしているくらいかなー。ここがこの話の要だろうというところで文意がとれなくなると、引っかかってしまいます。知らない単語の意味をつかむのもまだまだ苦手ですし、もう少し簡単な本をたくさん読んだ方がいいのかな。

読書の第二段階は点検読書ですが、ここでシェイクスピアの戯曲を読む例が挙げられています。各シーンごとに語彙集で単語を引いて、学者の脚注を調べて、というのがアメリカの高校生の典型のようです。日本での古典の授業や、英語の長文を読むときとあまり変わりません。まずは意味がわからないところは飛ばしてざっと読んで全体を把握し、そのあとから念入りに読めばよい、というのは多読と通じるところがあります。

第三段階は分析読書です。これがこの本のメインで、大部分のページが割かれています。大学のレポートや卒論を書くときにこの本を知っていれば、もっとましな内容のレポートや論文が書けたことだろうと思います。本を読むスピードや理解する早さの違いが学生生活のみならず、社会人となってからも成果をあげる早さ、成果の内容の違いを生むような気がします。今から思えば、学生時代の読書は点検読書止まりだったのかな。大まかに本の内容を理解はしていたと思いますが、本の内容を批評するところまではできていなかったかも。

高校生か大学生がこの本を読むのが一番得るものが大きそうな気がしますが、社会人でも読書を通じて新しいことを学ぼうとしている人や物事をより深く理解しようと思っている人には、得られるものがあるのではないかと思います。

Corduroy / Don Freeman
Corduroy (Picture Puffins)Corduroy (Picture Puffins)
(1976/05)
Don Freeman

商品詳細を見る

Corduroy はくまのぬいぐるみです。デパートのおもちゃ売り場で買ってくれる人をずっと待っていますが、だれも彼に目をとめません。待ち続けて、Corduroy はズボンのボタンが一つ取れていることに気づきました。Corduroy は夜、みんなが寝静まった頃、なくなったズボンのボタンを探しに出かけます。

絵もかわいくて、お話もかわいいです。くまが好きなのでそれだけでときめいているというのもあるのですが(笑) 最後はよかったねーと気持ちよく終わるお話なので、安心して読めます。オーディオブックを聞きながら読んでみたのですが、絵本を読むテンポとはちょっと合わなかったかなー。読まずに聞くだけにするとちょうどよいテンポかもしれません。途中で一時停止して絵を楽しんでからページを繰ったりしました。声は落ち着いた感じでよかったです。

翻訳もされています。くまのコールテンくん (フリーマンの絵本) 洋書の方がペーパーバックで出ているので安いかも。シリーズもたくさん出ています。

まだまだたくさん出ていますが、とりあえずこのくらいで。リストはJuvenile Series and Sequels: Subjects - MCPL の Corduroy のページをもとに作成しました。シリーズをすべて知りたい方はそちらのページもご参照ください。このシリーズのもともとの作者は Don Freeman ですが、その後別の人が話や挿絵をかいているようです。お話と挿絵のどちらも Don Freeman が書いているものを探してまずは読んでみたいです。

関連タグ:絵本 Don_Freeman くま Corduroy 
Sense and Sensibility(OBW5) / Jane Austen
The Oxford Bookworms Library Stage 5: 1800 Headwords: The Oxford Bookworms Library Stage 5: 1800 Headwords: "Sense and Sensibility" (Oxford Bookworms)
(2005/10/05)
Jane Austen

商品詳細を見る

"Sense and Sensibility"(邦題「分別と多感」)を retold したもの。分別を重んじるエレノアと感情を重視するマーガレット、それぞれの恋愛を描いた作品。

以前見たドラマのおかげで、ちょっと読みにくい部分はありましたがおおよその話は理解できました。たぶん文学的な表現を味わえるように retold していて、慣れていないとすっと読めないのかな、と思います。かなり前に買っていたのにずっと寝かせていて、ようやく今回タイミングがあったのか読み通すことができましたが、ちょっと理解度には不満が残ります。もうちょっと味わえるようになれたらなぁ。

関連タグ:GR Jane_Austen 

Appendix

これから読みたい本(洋書)

ブログ内検索

本好きpeople

Extra

プロフィール

くまくま

  • Author:くまくま
  • FC2ブログへようこそ!

Now Reading

タグリスト

本のジャンルや作者など、サブカテゴリ的にタグを 使用しています。

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR] コム デ ギャルソン セール
ディオール オム デニム 資生堂 マジョリカ マジョルカ AND1 バスケットシューズ